ホワイトニングを行って見た目の印象を変えていくようにしましょう

人気の歯科で受けられる施術を知ろう

白い状態にする

ホワイトニングの方法

知らず知らずのうちに歯の色はくすんでしまいます。主にタバコのヤニによる黄ばみは定番ですが、その他にもコーヒーや紅茶などの食べ物の色素もその原因となります。このような色素は通常の歯磨きでは落とせず徐々に蓄積されていくのが一般的です。 これを解消するために、歯科では歯のホワイトニングのシステムを導入している所が増えてきています。 これは歯を削ったり麻酔を打つことなく白く明るい歯に再生する、いわゆる歯の漂白です。実施している歯科で素早くできるオフィスホワイトニングと、自宅で寝ている間にゆっくり行うホームホワイトニングの方法があります。 オフィスホワイトニングは病院にてホワイトニング剤を歯に塗布し、専用の光を約30分照射するします。これを1週間おきに2、3回繰り返す方法です。 ホームホワイトニングは、マウスピースにホワイトニングジェルを塗り装着して寝る方法です。寝ている間に約2、4週間かけて徐々に白くして行きます。 自分の生活スタイルに合った方法が選べるのも手軽にできそうな魅力です。

全ての人が効果を得られるわけではない

注意することは、ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるので歯の汚れの状態などで効果には個人差が出てくるということです。 また虫歯や歯周病があると、施術を受けられない場合もあります。入れ歯や差し歯などの金属やプラスチックには効果がないことも覚えておきましょう。 施術後気をつけることは効果を高めるために、塗布した薬の被膜が再生するまでの24時間程度はコーヒー、紅茶、ワインなど色素の濃い食べ物は控えることです。同じく喫煙も、この時間内では控えた方が良いでしょう。 ホワイトニングの効果は一生続くものではありません。食習慣や口内環境によってこの持続期間にも個人差が出てきます。 施術後も定期的に歯科に通い、できるだけ長く効果を持続できるようにメンテナンスして行くことが大切です。

Copyright© 2015 ホワイトニングを行って見た目の印象を変えていくようにしましょう All Rights Reserved.